ライトコインとは?ビットコインとの違いや今後の将来性を分析する

2018.05.08

ライトコインは仮想通貨の一つです。ビットコインよりも送金時間が短く、送金手数料も少ないことが特徴。ビットコインが金だとすれば、ライトコインは銀と位置づけられています。

ライトコインの特徴

ライトコインは発行総量の上限を8400万枚と定めています。ビットコインの上限が2100万枚であるため、ライトコインはビットコインの4倍近くの枚数を発行できます。

送金時間の目安になるブロック生成時間は平均2.5分で、これもビットコインの平均10分という値の4分の1になっています。

ライトコインは送金時間が短い

ビットコインは高い手数料を払っても送金に1時間以上かかることがよくあります。しかしライトコインの送金時間は数分であり、コストも数十円程度ですみます。

取引所

各取引所のライトコイン価格は次のサイトから確認できます。

取引所

取引所 取引手数料 出金手数料
bitFlyer 0 0.001LTC
coincheck 0 0
bitbank 0 0.001LTC
GMOコイン 0 ?

ライトコインは他のコインを買うための用途としても機能する

ライトコインはCoinExchangeなどの取引所で他のコインを買うときに必要になります。ビットコイン建てで他のコインを買うこともできますが、手数料などを考えると高くつくため、ライトコイン建てで買うことになります。

コインとコインをつなぐ役目として機能する通貨は、現在イーサリアム、ライトコイン、テザー(Tether・USDT)の3つです。イーサリアムもやや手数料が高いので、ライトコインは根強い人気を持っています。

基軸通貨として機能するテザー(USDT)は以前からさまざまな問題を指摘されており、テザーを管理しているテザー社は2018年1月も米国商品先物取引委員から召喚命令を受けています。

テザーの問題が大きくなった場合、基軸通貨としてのライトコインはますます需要増になるため、仮想通貨全体の見通しが明るければ、ライトコインの将来も相応に明るいといえるでしょう。

チャート

ライトコインのチャート

ライトコインのニュース

LitePayの停止

2月26日に始まったばかりのLitePayという支払いサービスは、3月26日のアナウンスで取りやめになった。

利用規約

当サイト Wells Post (https://www.wellspost.com/) が配信するすべての記事と情報は投資の勧誘を目的としていません。当サイトの管理者、執筆者、その他運営に関わる者(以下「運営者」という)は、当サイトの配信する閲覧または利用するすべてのユーザー(以下「ユーザー」という)の投資、購買、サービスの享受(以下「投資等」という)にいかなる助言や斡旋を行っていません。投資等は自己責任でお願いします。当サイトを閲覧または利用した時点で、ユーザーは投資等に関する損失や経済的な損害を当サイトや運営者に求めることはできません。当サイトの運営者はユーザーの投資に責任を持たないことをすべてのユーザーはあらかじめ同意する必要があります。当サイトを閲覧または利用した時点でこれら規約を遵守しているとみなされます。