投資家の種類と違い(個人投資家、機関投資家、ヘッジファンド、GPIFなど)

2018.04.12

投資家には個人投資家、機関投資家、ファンド、ヘッジファンドといったタイプがあります。投資も商売もライバルを知ることが勝つために重要です。投資する前に投資家の種類と違いを理解しましょう。

個人投資家

個人投資家は個人で投資している人でさまざまな年代からなります。最近は若い世代も増えましたが、日本証券業協会の調べでは高齢者が半分近くを占めます。老後の資金などを利用して投資する方も多いでしょう。同調査は、個人投資家の半分は年収が300万円未満としめしています。

出典: 個人投資家の証券投資に関する意識調査

個人投資家は外国人投資家と真逆の取引するケースが多く、その傾向の違いを利用した投資手法も考えられています。

機関投資家

生命保険、損害保険、銀行、年金といった会社や団体も自身の資金を運用しています。こうした組織的な投資家を機関投資家といいます。多くの機関投資家は為替、株、先物、債券といったさまざまな金融商品を複合的に取引しています。

機関投資家は基本的に中長期の取引をメインにしています。同じ銘柄を日中に買ったり売ったりするようなデイトレードはあまり行いません。政府や他国の政策にもとづいてダイナミックなトレンドを分析・予測します。一部の機関投資家は重要なレポートを発行し、経済と金融のトレンドを紹介しています。

機関投資家は東証一部の優良な会社に投資します。東証二部やマザーズに上場する小さい会社よりも、業績が安定している大会社に資金を向ける傾向があります。機関投資家の資金は大きいため、そのまま小さい会社に投資すると株価が本来の水準から離れてしまうためです。

ファンド

ファンドはもともと「資金を集めること」を意味しますが、今は資金の運用者を表すあいまいな多義語になっています。この意味で機関投資家もファンドの一種といえます。

ヘッジファンド

ヘッジファンドは価格が上がっても下がっても利益を出そうとアクティブに売買するファンドです。通常の機関投資家はある株を買って長期的に保有します。その株が下がったら機関投資家の資産は減ります。

ヘッジファンドは株価が下がっても利益が出るように、株を空売りするといった手法をもりこみます。リスクをヘッジするという言葉からヘッジファンドといわれています。

投資信託は多くの投資家から広く資金を集めますが、ヘッジファンドは少数の私的な投資家から資金を集めます。つまりヘッジファンドの資金の出どころは狭いのです。

GPIF

GPIFは年金積立金管理運用独立行政法人の略で、日本人の年金を運用する独立行政法人のことです。100兆円以上の資産を運用していることから、GPIFのポートフォリオは多くの投資家から注目されています。平成29年度第3四半期末現在の運用額は162兆6,723億円でポートフォリオは次のとおりです。

種類 割合
国内債券 27.67%
国内株式 26.05%
外国債券 14.13%
外国株式 25.08%
短期資産 7.06%

出典: 最新の運用状況ハイライト - GPIF

国債などの債券が最も多いものの、国内の株式も26%(40兆円ほど)で購入しています。下表は

年度 収益率 収益額(兆円)
2001年度 -1.80 -0.6
2002年度 -5.36 -2.5
2003年度 +8.40 +4.9
2004年度 +3.39 +2.6
2005年度 +9.88 +9.0
2006年度 +3.70 +3.9
2007年度 -4.59 -5.5
2008年度 -7.57 -9.3
2009年度 +7.91 +9.2
2010年度 -0.25 -0.3
2011年度 +2.32 +2.6
2012年度 +10.23 +11.2
2013年度 +8.64 +10.2
2014年度 +12.27 +15.3
2015年度 -3.81 -5.3
2016年度 +5.86 +7.9

引用: 前年度末の運用状況ハイライト - GPIF

利用規約

当サイト Wells Post (https://www.wellspost.com/) が配信するすべての記事と情報は投資の勧誘を目的としていません。当サイトの管理者、執筆者、その他運営に関わる者(以下「運営者」という)は、当サイトの配信する閲覧または利用するすべてのユーザー(以下「ユーザー」という)の投資、購買、サービスの享受(以下「投資等」という)にいかなる助言や斡旋を行っていません。投資等は自己責任でお願いします。当サイトを閲覧または利用した時点で、ユーザーは投資等に関する損失や経済的な損害を当サイトや運営者に求めることはできません。当サイトの運営者はユーザーの投資に責任を持たないことをすべてのユーザーはあらかじめ同意する必要があります。当サイトを閲覧または利用した時点でこれら規約を遵守しているとみなされます。