仮想通貨のクラウドマイニングはたぶん割に合わない。将来使われる仮想通貨を買って放置するほうが無難である。

2018.01.09

2017年頃からビットコインのクラウドマイニングが話題になり、HashFlareというサービスも有名になりました。実際に契約している人のブログを読むなどして、「この配当利回りはかなりよさそうだ」と思った方、この記事を読み終えるまでもう少し待ってください。

クラウドマイニングの背景と本質

マイニングのコストが上がり、個人のパソコンでビットコインを掘ることがほとんど不可能になりました。そこで、大型のコンピューターを大量に用意する事業者のマイニングサービスを買い、間接的にマイニング利益を得ようとするクラウドマイニングが台頭しました。

クラウドマイニング事業の収益と原価はどちらもマシンパワーに依存しています。

収益…マイニングしたいと思っている人にコンピューターのパワーを売る
原価…コンピューターのパワーと電気代

パワーはCPUやGPUやマイニング専用の機械です。お客さんに1MHあたり1,400円で売るというサービスは、1MHあたり(例えば)500円のコストがかかるかもしれません。

ビットコインのマイニングコストは常に増加し、マシンパワーを増やすためにGPUなどの装置は常に増設していかなければいけません。中国のBitmainという会社が人工知能の研究開発に取り組んでいるように、ソフト面からも投資が必要になります。

コストはかかる一方、お客さんの契約は維持されます。ある日突然「従来の契約料だとマイニング相当分の報酬金が減ります」と一方的に言うことは難しいわけです。

クラウドマイニングは小売である

クラウドマイニングを一言で言うなら、マシンパワーという品物を右から左に流す小売です。GPUを買って、それを売る。それを少し抽象化したものがクラウドマイニング。

普通に小売と違い、原価は常に上がります。この状態で商売を維持するためには商品価格を上げなければいけません。クラウドマイニングの場合、それはマイニングできる量の減少を意味します。お客さんはそれでも納得するかもしれない。というのもビットコインの価格が上がっているから。

ビットコインの価格が上がっているので、マイニング量が減っても当然だと思う人もいるでしょう。価格が上がることとマイニングの難易度アップはやや表裏一体のところがあるからです。

リスクはそこにあります。クラウドマイニングはビットコインの価格が上がることを前提としているのです。ビットコインの価格が下がったら、マイニングの割に合わなさがだんだん高くついて、元本を回収できずに終わります。

リスク

  1. ビットコイン価格の上昇を前提にしている
  2. サービス事業者が途中で契約を変更する
  3. でも契約者は前もって先行投資している
  4. サービス事業者の間で過激な競争をしている(中国とロシア)

ビットコインの価格が上がることを前提とするなら、最初からビットコインを買えばいいわけですね。

安心感があったハッシュフレアはあれからどうなったか

HYIPなんかと違い、クラウドマイニングは笑っちゃうくらい稼げないです笑

もともと電気代との差し引きで利益を出すマイニングですが、さらに手数料として何割かが運営会社に差っ引かれるので、我々の取り分は「これだけ…?」という感じです。

1年かけてようやくROI達成(投資額の回収)できるかどうか、というイメージです。

自動再投資可能なクラウドマイニング・Hashflare

実際に経験した人の説明は説得力があります。途中で客に不利な契約変更があった点もポイントです。

結論

たぶんクラウドマイニングは割に合わなくなります。最初はいいかもしれませんが、ビットコインやイーサリアムのマイニングコストの上昇はいつかサービス受益者の負担に回るでしょう。

そこまでのリスクをとってまでビットコインやイーサリアムがいいと思うのであれば、最初からビットフライヤーなどの取引所でビットコインを買って寝かせるほうが割に合うでしょう。

利用規約

当サイト Wells Post (https://www.wellspost.com/) が配信するすべての記事と情報は投資の勧誘を目的としていません。当サイトの管理者、執筆者、その他運営に関わる者(以下「運営者」という)は、当サイトの配信する閲覧または利用するすべてのユーザー(以下「ユーザー」という)の投資、購買、サービスの享受(以下「投資等」という)にいかなる助言や斡旋を行っていません。投資等は自己責任でお願いします。当サイトを閲覧または利用した時点で、ユーザーは投資等に関する損失や経済的な損害を当サイトや運営者に求めることはできません。当サイトの運営者はユーザーの投資に責任を持たないことをすべてのユーザーはあらかじめ同意する必要があります。当サイトを閲覧または利用した時点でこれら規約を遵守しているとみなされます。