仮想通貨ビットコインとは?送金や取引(売買)の前に知るべきこと

2017.09.06

ビットコインとは、インターネットで管理されている新しい通貨のことです。通貨という意味ではドル、ユーロ、円と同じですが、管理の仕方は違います。ビットコインは参加者一人ひとりが通貨の取引を記録・管理しますが、円は政府がその価値を厳格に管理しています

ビットコインの手数料

ビットコインはP2Pとブロックチェーンという技術で作られています。P2Pはファイル共有などで2000年代のはじめに知られるようになりましたが、ブロックチェーンは近年開発が進んでいる技術です。

送金と証人

ビットコインはビットコインを取引している人たちのネットワークにあります。このネットワークに参加すると、自分のビットコインを誰かに送ることができるようになります。

AがBにビットコインを送金したという取引は、AとB以外の人(C、D、E…)が知ることで本当の事実になります。「AはBにコインを送っているつもりなのに、Bは送られていないと主張する」という状況を起こさないために、CやDなどの証人をAとBの取引に入れるのです。ビットコインでは、ビットコインのネットワークに参加しているすべての人が、あらゆる送金取引の証人になります。こうしてビットコインの送金が安全に行われるのです。

ビットコインと円

現在、ビットコインはドルや円で買うことができます。日本ではビットフライヤーやコインチェックといった取引所で手軽にビットコインを購入できます。

ビットフライヤー(bitFlyer)はテレビでCMも放送している日本最大のビットコイン取引所で、ビットコインの売買が毎日活発に行われています。専用の売買ソフトがあり、株や為替と同じ感覚で売買できることが同社の強みです。

コインチェックはビットコイン以外のさまざまな仮想通貨を売買できる取引所で、取引できる仮想通貨の種類においては2017年現在日本一です。

これらの取引所の口座は身分証明書などをwebで提出する必要があります。口座は一度作ればメールアドレスとパスワードでいつでもログインし、スマートフォンなどですぐに取引できます。

1bitcoin=80万円

2017年の8月になってビットコインは急騰し、1bitcoinが50万円ほどになりました。12月は100万円以上の価格をつけ、2017年12月から2018年1月にかけてビットコインはまさにバブルの相場に入りました。しかし海外(特にアメリカや中国)などの規制やコインチェックの流出事件をきっかけに仮想通貨の投機熱は一段落し、ビットコインは再び100万円を割ります。

取引所に口座を作るとビットコインの相場はスマートフォンですぐに確認できるようになりますが、ビットフライヤーはサイト上で公開しています。

ビットコインチャート - ビットフライヤー

ウォレット

ビットコインの取引はビットフライヤーなどの取引所で行われることが多いものの、それらの取引所を経由しなくてもビットコインを送金することができます。そのためにはウォレットというソフトをインストールする必要があります。ウォレットはビットコイン公式のものから、第三者が作ったものまでさまざまにありますが、最も信用されているウォレットはBitcoin Coreです。

Bitcoin Coreはビットコイン公式のオフラインソフトで、ビットコインを自分のパソコンに管理するためのソフトです。webに接続しなくてもビットコインを安全に管理できますが、パスワードなどの情報は自分が責任をもって管理しなければいけません。

パスワードを失うと、そのウォレットに預けていたビットコインがすべて失われるリスクがあります。ビットコインの細かいしくみを知らないときは、ウォレットの扱いは難易度がとても高いといえます。

ブロックチェーン

加筆中

送金コスト

ビットコインの価格は誰も予想できませんが、価格に何が影響しているかはある程度把握する必要があります。その一つは送金時間です。ビットコインの平均送金時間は下のサイトからチェックできます。

Bitcoin Median Transaction Confirmation Time

手数料を高く払って送金時間を短くしている人が増えていると思われるので、このグラフだけではなんともいえません。合わせて下のサイトからビットコインの送金コストをチェックしてみましょう。

Bitcoin Transaction Fees

ヒストリカルデータからビットコインの送金コストがどんどん上がっていることに気づきます。送金手数料がここまで高いと、円やドルの法定通貨をビットコインに変えるメリットが将来の一般消費者にとってありません。

ビットコインはバブルなのか?

ビットコインがバブルかどうかという議論はあまり意味がありません。バブルは、バブルが弾けてしばらく経って「あの時はやっぱりバブルだったな」とみんなが思ったときにバブルとみなされます。価格が上昇している今は、今が最高点かどうかわかりません。

だからと言って、ビットコインがバブルではないという話もナンセンスです。ビットコインを通貨というよりは株のようなものと考えれば、ドットコムバブルのナスダックと比べてバブルと考えることができます。

仮想通貨に興味がある人にとって大切なことは、その通貨を誰がどのように使うかということです。

ビットコイン以外の仮想通貨はどうか?

ビットコインは送金手数料が問題になっています。日本の取引所から海外の取引所にビットコインを送るとき、日本円にして3,000円ほどの手数料がかかってしまうのです。

かつては自由に送金できることが売りだったビットコインも、今や普通の通貨より(送金の時間と手数料という意味で)使い勝手が悪いものになっています。ビットコインは仮想通貨のゴールドであるという意見もありますが、仮想通貨はやはり使われてなんぼの世界です。

ビットコインの手数料
出典:Historic daily average Bitcoin transaction fees (in dollars per transaction) - Bitcoin Transaction Fees

上のグラフはビットコインのトランザクション手数料を平均化したデータ。このグラフを見るかぎり、ビットコインの決済はますます混雑していることがわかります。

こうしたビットコインの送金問題を解決するものがイーサリアムやリップルコインです。特にリップルは送金時間が早いことで有名です。イーサリアムはすでに世界中の取引所でビットコインのような基軸通貨として扱われ、他の仮想通貨を買うときはイーサリアム建てというケースが多くなっています。まさに仮想通貨のための仮想通貨となっているわけです。仮想通貨が別の仮想通貨の需要を高めることで正の循環に入っているといえます。

イーサリアムの送金コスト
出典:Ethereum Avg. Transaction Fee historical chart

ビットコインのトランザクション問題がイーサリアムの需要を上げることで、イーサリアムの価格は上がる可能性があります(イーサリアムをすすめているわけではありません。投資は自己責任です)。しかしイーサリアムもまた上のチャートでわかるように、トランザクションコストが上がり、送金に時間がかかるようになっています。コインチェックではイーサリアムの手数料が0.01であり、決して安いとはいえません。

そこで今度はイーサリアムが別のアルトコインの需要を高めます。このような循環が今まで以上に速くなるのが2018年のおおまかな傾向でしょう。

ビットコインを取引する前に読んでおきたいサイト

bitcoinのしくみ
ビットコインを技術的に解説したサイト。Rubyでウォレットのプログラミング例もあげています。数学的な知識が必要になり、やや難しい。

Bitcoin日本語情報サイト

追記(ビットコイン取引で使用される通貨について)

2017年冬、JPYがUSDに抜かれました。今まで日本は仮想通貨の買い手と売り手としてトップを走ってきましたが、ビットコイン取引で使われる通貨としてUSDがあっけなく一位になりました。次の円グラフはビットコインの取引に使われる通貨のボリューム。

ビットコインの取引通貨ランキング
出典:Crypto Compare

生みの親であるナカモトサトシという名前が日本名だったこともかなり影響していると思います。今のところドル、円、ユーロの順。下の表は細かいデータ。

ビットコインの取引通貨ランキング
出典:Crypto Compare

円とユーロの間にあるUSDTは、Tetherという仮想通貨です。USDTはUSドルと同じ価値を持つように自動調節される仮想通貨です。これは地味に重要なポイントです。

Tether(USDT)はブルームバーグに疑問を投げかけられるほど微妙な仮想通貨とみなされていますが、Binanceなどの取引所ではビットコインやイーサリアムのような一種の基軸通貨として扱われています。この謎の仮想通貨は、仮想通貨建てで仮想通貨を買うような人にとってある種の目印になるのかもしれません。

利用規約

当サイト Wells Post (https://www.wellspost.com/) が配信するすべての記事と情報は投資の勧誘を目的としていません。当サイトの管理者、執筆者、その他運営に関わる者(以下「運営者」という)は、当サイトの配信する閲覧または利用するすべてのユーザー(以下「ユーザー」という)の投資、購買、サービスの享受(以下「投資等」という)にいかなる助言や斡旋を行っていません。投資等は自己責任でお願いします。当サイトを閲覧または利用した時点で、ユーザーは投資等に関する損失や経済的な損害を当サイトや運営者に求めることはできません。当サイトの運営者はユーザーの投資に責任を持たないことをすべてのユーザーはあらかじめ同意する必要があります。当サイトを閲覧または利用した時点でこれら規約を遵守しているとみなされます。